クリーン・エナジー・サービス株式会社
CESCO





サハリンニュース10月号

1025

           

食品品質管理

今年7月から9月にかけて、サハリンの病院、学校、幼稚園、社会保障機関で食品の品質検査が行われ、乳製品、パン、菓子などいくつかの製品が不適切と判断された。乳製品に関しては2箇所のミルク加工工場と64の施設から137のサンプルが検査され、衛生上の基準違反や微生物学的指標において基準を超えるなどし、約20%が不適切であった。乳製品の検査により10製品(約500kg)が押収され、違反者には12万ルーブルを超える罰金が科せられた。パンや菓子に関してはあわせて41のサンプルが検査され、そのうち6つのサンプルが微生物学的理由により健康被害を及ぼすと判断され、回収対象となった。その他138サンプルの野菜も検査されたが問題はなかった


1019

サハリンで太古の氷河発見

サハリン北部にある未踏の洞窟内で、巨大な氷河の存在が洞窟学者によって発見された。地形調査によると氷河の深さは25mあるという。氷河は古代氷河時代から変わらぬ姿で保存されており、古代の植物や菌類の胞子が内部に残っている可能性があり、生物学者にとっては大変興味深いものである。洞窟にはさらに広がりが見られ、今後の調査が期待されている


10月16

               

オリンピックチャンピオンがサハリンを訪問

オリンピックフィギュアスケート個人で金メダルを獲得したアデリーナ・ソトニコバ選手が、サハリンのスケートリンク「クリスタル」でスケート教室を開催した。彼女のサハリン訪問は2回目で、彼女のレッスンを希望する多くの人が殺到したため、主催者はレッスンを3回に分けて対応した。クリスタルスケートリンクのアンナ・ゴロシカ氏は「最高レベルの選手から指導やアドバイスを受けることは、子供たちにとってとても貴重である」とコメントし、ソトニコバ選手は「皆さんには最高のスケートリンクがあり、少しずつ努力していってほしい」と参加者を激励した。最後にソトニコバ選手はまたサハリンを訪問することを約束し、スケート教室を締めくくった



1015

インフルエンザワクチン接種率90%達成

サハリン地方政府の作業会議において、サハリンおよびクリル諸島のインフルエンザワクチン接種率は計画の90%を達成したと発表された。計画では約21万人にワクチン接種予定であり、1015日現在で約19万人が接種を受けている


サハリンニュース2018年10月号 第1号 第2号 第3号 第4号

サハリンニュース2018年9月号 第1号 第2号 第3号 第4号

サハリンニュース2018年8月号 第1号 第2号 第3号 第4号






サハリンニュース2018年2月号 第1号 第2号 第3号 第4号

サハリンニュース2018年1月号 第1号 第2号 第3号 第4号

サハリンニュース2017年12月号 第1号 第2号 第3号 第4号








  Copyright(C)2009 Clean Energy Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.